青汁でドロドロ血液をサラサラに

青汁を飲んだらドロドロ血液がサラサラになる

血液がドロドロになるのは、血液中のコレステロールや中性脂肪が多くなってしまったり、ストレスやタバコ、お酒などで血管が収縮されてしまうことが原因です。

 

こんな状態になるには、生活習慣が非常に密接な関係があり、これを放置しておくと高血圧や糖尿病、肥満になり、最終的には心筋梗塞や脳梗塞などに陥ってしまい命を失う事にもなりかねません。

 

お菓子ばかり食べていたり、甘いジュースを頻繁に飲んだりすれば糖分の摂り過ぎで高脂血症になってしまいます。

 

また、脂の多いお肉やフライ物を頻繁に食べるのもドロドロ血になる原因になります。

 

タバコは健康に良くないと一般的に言われていますが、健康に対してそんな悪影響があるのかと言えば、血管を収縮させたりコレステロールを酸化させてしまいます。

 

またお酒のようなアルコールは少量でしたら百薬の長と呼ばれるように血行を良くしてメリットもあるのですが、量が過ぎてしまうと血液がドロドロになってしまいます。

 

他にも、過度のストレスも血管を収縮させ血圧を上昇させたりして、血行を悪くしドロドロ血液の原因の一因になりますし、日常的な運動不足も血行を悪くします。

 

以上の事を考えるとどんな生活を送りどんな食生活をすると良いのか?もおぼろげながらに分かってきます。

 

タバコを吸うのを止めたり、お酒を飲むのを止めるのはもちろんで、また、運動習慣を付けて血行を良くし柔軟性のある血管にするのが良いでしょう。

 

また、食生活の面では、お菓子の食べ過ぎなど糖分を控えたり、オメガ3を多く含む魚を頻繁に食べたりするのも大切です。

 

それと、食生活にビタミンやミネラル、食物繊維が豊富な野菜を多く取り入れるのも効果的です。

 

特に、スーパー野菜と呼ばれるような緑黄色野菜青汁を原料にした青汁を飲むことはサラサラ血液にするのに非常に効果的です。

 

青汁の原料になるケールや大麦若葉等のスーパー野菜にはに抗酸化作用のある成分が豊富に含まれていますし、血糖値を抑える成分も含まれています。さらには、食物繊維には血中コレステロールを低く抑える働きもあります。

 

野菜をたくさん食べたり、青汁を毎日飲むことは血液のドロドロ化を防止してサラサラにしてしまう効果があるんですね。