青汁飲んで便秘解消しよう

青汁は、便秘の解消に役立ちます

一般的には、便秘の定義については、”1週間の間に2日しか排便が無い状態”という事らしいですね。便秘には、男性も女性もなりえるのですが、男性に比べると特に女性の方が悩んでいる人の数が多いようです。

 

その理由としては、女性特有の骨盤の形状が大きく影響していて、女性の骨盤は出産するために、男性よりも広くなっていて、腸が骨盤の中に落ち込みやすいのです。

 

それで、女性は男性に比べると便秘になりやすいんですね。他にも、女性は腹筋の筋力が弱いという事も関係していると言われています。

 

身体的な原因の他には、便秘になる原因としては、「食べている食事」も大いに関係しています。

 

現実問題として、日本人の食事というのは「野菜不足」に陥っていると厚生労働省は言っています。それで、厚生労働省は私たち日本国民に対して「もっと野菜を食べましょう」と1日350gの野菜を食べることを奨励しています。

 

野菜

 

野菜にはビタミンやミネラル、食物繊維が沢山含まれていて、ヘルシーな食べ物として広く認知されていますが、特に野菜に含まれている食物繊維は便秘の解消に大いに役に立ちます。

 

食物繊維と簡単に言っても、実は水溶性食繊維と不溶性食物繊維の2種類があり、野菜の含まれているのは不溶性食物繊維になり、水溶性食繊維は海草に多く含まれています。

 

水溶性食物繊維の役割りとしては、私たちの健康に悪影響を与えるような有害物質の体内への吸収を妨げ、そして便として体の外に廃出します。

 

不溶性食物繊維は、野菜などの植物に含まれる細胞壁などの繊維になりますが、水には溶けこまず腸内で水分を含んだら膨れて腸を刺激し、腸の蠕動運動を促し便秘解消を助けます。

 

当然ながら、栄養豊富な緑黄色野菜を原料として作られている青汁には、食物繊維を多く含んでいますから、便秘解消の効果は大きいです。もし、便秘に悩んでいる方がいれば、青汁を飲み始めることをお勧めします。