青汁のアンチエイジング効果

青汁を飲んでアンチエイジングしましょう。

健康食品の代表的な存在でもある青汁ですが、ビタミンやミネラルなどの栄養補給だけではなくアンチエイジング効果も期待できると考えられています。

 

アンチエイジングとは、日本語で言えば「抗加齢療法」ですが、簡単に言えば「老化防止」みたいなものです。

 

アンチエイジング効果

 

アンチエイジング効果がある成分としては、ビタミンCやビタミンE、そのほかポリフェノールなどの抗酸化物質が良く知られていますね。

 

また、青汁にはメラトニンという睡眠を司るホルモン物質が含まれていますが、実はメラトニンは活性酸素を除去してくれる抗酸化物質でもあるのです。

 

それに、メラトニンを摂取すれば、より質の良い深い睡眠がとれるようになるので、睡眠中の成長ホルモンの分泌を多くする手助けをすることにもなります。

 

成長ホルモンは、別名、若返りホルモンとも呼ばれていますので、メラトニンを含んでいる青汁を飲むという事は、アンチエイジングに非常に効果的だと言えるでしょう。

 

そもそも、ビタミンCなども、老化現象の原因でもある活性酸素を除去してくれる抗酸化物質ですし、青汁の原料に含まれている明日葉の特有の有効成分でもあるクマリンやカルコンなどもポリフェノールの一種です。

 

また、青汁の原料に良く使われている大麦若葉に含まれているSODなども強力な抗酸化物質です。

 

色々と青汁に使われている原料の成分などを調べてみると、アンチエイジング効果がある物質が豊富に含まれています。

 

つまり、歳を取るスピードを遅らせたい方は青汁を飲み始めることも良い事だという事です。